プラント業界への就職サポート

» 2014 » 10月のブログ記事

ポリシー

| 日記 |

こんにちは、エンジニアパートナーの田中です。

先日、自分自身を考えさせる出来事が起きました。

とある工事現場での出来事

物量を運ぶ手段の方法で、技術スタッフが容認出来ない方法であり

工事責任者に諫言したが、受け入れられず現場を引き上げてきたと連絡が有りました。

この事象だけ見れば、技術スタッフの我儘だったかもしれません。
どこかで妥協案を模索し、行うことが正解だったかもしれません。

しかし、別の側面として雇用の部分を度外視しても自分の思うポリシー

を貫ける技術スタッフはすごいと思いました。

それだけ自分自身が責任と誇りを持って、取引先に技術者を提案しているだろうか?

目先の部分でやっていないだろうか?

もっと良い方法はないだろうか?

考えさせられる出来事でした。

問題があった次の日、お互いが理解し合いその問題は終息致しました。

それでは、また。

故郷

| 日記 |

こんにちは、エンジニアパートナーの田中です。

先日、2年ぶりに退職した会社の同僚に会いました。

やり取り自体は、懐かしさもあり話が尽きることもなかったのですが

同僚曰く、住み慣れた場所がいいので戻りたいみたいなことを話していました。

私も住んでいた場所にも思い入れはあります。

いろいろな刺激やこだわっていたことを一旦離れて、客観的にみると

とるに足らないことだったり、固執してたりします。

物事を柔軟に対応するように心がけていますが、

なかなかそうはいかないもので・・・・・

技術社員にも業務の幅を持たせるために柔軟に対応して頂くように
話しています。

少しずつ少しずつ歩みは遅くとも確実に進めていければいいなぁと
考えています。

では、また。

こんにちは、エンジニアパートナーの田中です。

ここ2~3日で夕方がとても寒くなってきました。

季節の変わり目は、いつも体調を崩すので規則正しい生活を心がけたいと思います。

現場でも寒くなると、事故やトラブルが多く発生したりします。

気を付けて、朝礼で問題提起を行っても起きる時は起きます。

災害や事故を未然に防ぐためにはどうしたらいいのか?

日々考えております。

KY(危険予知)などをやらされるのとやっているのでは意識にも差がありますし

意識的に当事者意識でやってもらう、行ってもらうためにどうしたらいいのか?

無事故やヒヤリハットが続かなければ、報奨金を出すとか

ただ、報奨金が目的になり報告がおろそかになるとか

事故や災害を未然に防ぐというゴールには達しないと思います。

安全についても敷き詰めていけば、いろいろな考えが生まれてくるので

主体的に仕事をやれば、楽しいです。

自分が設定するゴールをどこにするか?

将来どのような自分になりたいか?

行動するのは、自分自身です。

では、また。

こんにちは、エンジニアパートナーの田中です。

最近、若い人と話す機会があり、仕事に関してイメージがわきません。

何の仕事がしたいか、わかりません。

と連絡や相談を受けることが多くあります。

そこで自分がいつも話しているのは、とりあえずひとつの職業に就いたと仮定して

その職業のメリット・デメリットを書き出して、視覚化することを勧めています。

そうすれば、自分にとって譲れないもの(場所・お金・勤務時間など)が

明確になってきます。

それからメリットを主体とした業種を選び出して、取り敢えず働いてみる。

最初のうちは、覚えることで精一杯で不平不満はないはずです。

(それでも我慢出来ないとなれば、それは仕方ないことだと思います)

それから不満が出てきて、一度目の改善を行う。

この種の不満は、最初人間関係や就労体系だったりするのですが

何ヶ月かすると悩みの質が変わります。

業務でこういう経験をしたが、この時は対応出来なかった。
次からはこういうトラブルに対応するために何を調べて勉強すればいいか。

漠然としたことで何もわからない部分が少しずつ分かりかけてくる。

すると勉強も苦にならなくなります。

少しずつ軌道修正をしながら、より良い方向に向いて行きます。

これは、弊社での取り組みの一つであり

取り敢えず建設業をやってみようかなと思っている最初の段階の人に

お話することです。

一人でも多くの人が、建設というやりがいのある仕事に携われることを考えています。

では、また。

一蘭の森にて

| 日記 |

こんにちは、エンジニアパートナーの田中です。

休日、自宅近くの一蘭の森に行ってきました。

知らない人のために補足しておくと、

一蘭とは隣に仕切のあるため店員さんと他のお客さんに顔を見られることなく、食べることに集中出来るコンセプトのラーメン屋さんです。

糸島に工場兼ラーメン屋さんがオープンしており、そこに家族で行きました。

中には、店の歴史や秘伝のたれのことなど詳しく説明してあり

知らない人でもこれから食べるラーメンに関して、期待しながら待てます(笑)

肝心の実食は、他の店舗で頂くより心持ち美味しく感じられました。

初回の一蘭は、大学時代に美味しいラーメン屋さんがあると言われて

福岡まで行ったのが初めてです。

これより小倉に店舗が出来たため、福岡まで行くことはなくなりましたが
ちょくちょく食べに行っておりました。

福岡から全国に知られて、受け入れられることは素晴らしいことだと思います。

そのような企業になれるよう、頑張って行きたいと思います。

では、また。

エンジニアパートナー