プラント業界への就職サポート

» 2015 » 6月のブログ記事

弊社の監督(その1)

| 日記 |

こんにちは、エンジニアパートナーの田中です。

入社して約1年のS君と話をしました。

最初S君は、弊社社員の紹介で入社した人ですが

小間使いでつかいっぱしりだった当初に比べ、パソコンで報告書を作成し提案。

何を話していいか分からなかった部分が自分自身が話したい趣旨を明確にして
話を聞く人が理解しやすくなりました。

1年前のS君に比べると雲泥の差です。

将来は、海外に行って貰いたいと考えており、後が楽しみな弊社の監督です。

これから5年、10年頑張ってほしいと思います。

では、また。

こんにちは、エンジニアパートナーの田中です。

最近、暑い日が続きますが如何お過ごしでしょうか?

表題のことなんですが、私は自分の靴のサイズを27.5センチと思い込んでおりました。

思い込みの理由の一つとして、体は大きいがことがコンプレックスだった私は足のサイズは普通と思っておりきゅうくつな靴で靴がなじむまで我慢して履き続けることをしておりました。

営業の最中に足のサイズ計測中とののぼりが・・・・

靴に関してあまりいい思い出がない私は一度測ってもらおうとお店の中へ
足を3D計測器で測ってもらうと右が28.6左が28.5でした。

確かに勧めて貰った靴は最初からきゅうくつな感じがしませんでした。

今回の場合は、足の専門家の意見を聞いたうえで自分のピッタリの靴が見つかったわけです。

仕事に関しても、自分の適性が分からずただただ生活のため働いている人も多いと思います。

私の靴と仕事は一緒には出来ませんが

自分のことを自分自身が一番分かるというより、第三者の目線で見ると
案外自分自身が気づいていないことをしてくれたりします。

私自身はこの靴のおかげで歩くストレスと疲れはかなり減りました。

あなたはどうですか?

仕事で悩まれている方や自分が何に向いているか分からないという方は気軽にご連絡下さい。

では、また。

エンジニアパートナー